Go to Contents Go to Navigation

韓国総合株価指数が連日の年初来安値 1.83%安

記事一覧 2022.06.15 16:06

【ソウル聯合ニュース】15日の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI)は7営業日続落した。終値は前日比45.59ポイント(1.83%)安の2447.38で、約1年7カ月ぶりの2500割れを記録した前日(2492.97)に続いて年初来安値を更新した。

ハナ銀行本店のディーリングルームのモニターに取引時間中のKOSPIなどが表示されている=15日、ソウル(聯合ニュース)

 KOSPIはこの日、前日比2.96ポイント(0.12%)安の2490.01で寄り付いた後、下げ幅を広げた。終値が2440台を付けるのは2020年11月9日(2447.20)以来、約1年7カ月ぶり。米国の金融政策決定会合を控え警戒感が強まったようだ。

 新興企業向け株式市場コスダックの指数は前日比24.17ポイント(2.93%)安の799.41で取引を終えた。20年10月30日(792.65)から約1年8カ月ぶりに800を割り込んだ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。