Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の新たな発熱者 2日連続3万人下回る=死者1人

記事一覧 2022.06.16 08:06

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、国家非常防疫司令部の集計として15日午後6時までの24時間に新たに約2万6010人の発熱者が確認されたと報じた。新型コロナウイルスの感染者とみられる発熱者は4月末からの累計で約455万8260人となった。このうち約451万1950人が完治し、約4万6230人が治療を受けている。新たな死者は1人で、死者数は累計73人となった。

平壌市内の百貨店で消毒作業を行う従業員=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 新たな発熱者は一時40万人に迫ったが減少傾向を示し、5月31日の発表からは連続で10万人を切っている。6月15日の発表から2日連続で3万人を下回った。

 ただ、北朝鮮が公開した統計は発熱者数に比べ死者数が少なく、統計をそのまま信じるのは難しいとの指摘が出ている。韓国情報当局は北朝鮮の統計発表が住民を落ち着かせる目的が大きいとの判断を示している。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。