Go to Contents Go to Navigation

韓国最古のマンション「豊田アパート」解体へ 植民地時代に完成

記事一覧 2022.06.16 10:22

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市にある国内最古のマンションが解体される。

忠正アパート(資料写真)=(聯合ニュース)

 ソウル市は16日、前日開かれた都市計画委員会で、西大門区にある「忠正アパート」(旧豊田アパート)の解体を含む麻浦路5区域整備計画案を修正の上、可決したと発表した。

 ソウル市建築物台帳によると、忠正アパートは日本による植民地時代の1937年に完成した。国内初の鉄筋コンクリート造のマンションで、1932年に建てられたとの記録もある。建設者の豊田種松にちなんで「豊田アパート」と名付けられたが、1970年代に「儒林アパート」と呼ばれ、その後、今の忠正アパートに変わった。

 朴元淳(パク・ウォンスン)前市長時代に地域の遺産を守るため忠正アパートの保存が決まったが、安全上の問題や住民の対立などが絶えず発生し、解体が決まった。

 ソウル市は跡地に忠正アパートの歴史性が感じられる公開空地を設ける計画だ。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。