Go to Contents Go to Navigation

世界平和度ランキング 韓国43位・北朝鮮152位

記事一覧 2022.06.16 11:52

【ソウル聯合ニュース】国際シンクタンクの経済平和研究所(IEP、本部オーストラリア・シドニー)が16日に公表した世界平和度指数(GPI)の2022年版ランキングで、韓国は調査対象の163カ国・地域中43位(1.779点)だった。前年から8ランク上昇した。北朝鮮は1ランクアップの152位(2.942点)だった。

経済平和研究所が2022年版の世界平和度指数を発表した(同研究所のホームページより)=(聯合ニュース)

 GPIは進行中の国内外の紛争の程度、社会の安全と治安、軍事化の程度の3領域で各関連指標を評価して算出する。1に近いほど「平和な状態」を意味する。

 北朝鮮は昨年の国内総生産(GDP)に占める軍事費の割合が24%で調査対象国・地域のうち最も高かった。オマーン(10.9%)、リビア(10.5%)、サウジアラビア(8.4%)など、ほかの上位の国と比べても高い。

 韓国の軍事費(絶対額)は昨年519億ドル(約7兆円)で9位だった。

 北朝鮮で、暴力により発生する経済的コストはGDPの27.2%で、アフガニスタン(29.9%)やコロンビア(25.9%)に近い水準だった。

 世界で最も平和な国はアイスランドで、14年連続。2位以下はニュージーランド、アイルランド、デンマーク、オーストリアなどの順だった。最下位はアフガニスタン。日本は10位、米国は129位、中国は89位だった。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。