Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮軍による射殺事件 「自ら越境」と発表した機関を監査=韓国

記事一覧 2022.06.17 15:49

【ソウル聯合ニュース】2020年9月に黄海を漂流していた韓国の男性公務員が北朝鮮軍に射殺され燃やされた事件を巡り、韓国の監査院は17日、海洋警察庁や国防部などへの監査に着手した。海洋警察庁と国防部は16日、2年前の中間捜査結果で男性が自ら北朝鮮に渡ろうとしたと発表したことを謝罪。男性が自らの意思で越境したと断定できる根拠が見つからなかったとして、同捜査結果を覆した。

ソウル市内で記者会見を行う男性の妻(右)と実兄=17日、ソウル(聯合ニュース)

 海洋警察庁は男性が行方不明になってからわずか8日後に中間捜査結果を発表している。同庁は軍と情報当局が北朝鮮の通信を傍受して得た情報などを根拠に男性が自ら越境しようとしたと判断したが、監査院はこの判断に至った経緯を全般的に監査する方針を示した。

 海洋警察庁は2年前、男性がギャンブルによる借金で精神的なパニック状態になり、現実逃避の目的で越境したと判断されると発表したが、監査院は「最初の報告過程や手続きなどを詳しく点検し、業務処理が適法・適正だったかを確認する」としている。

 国防部が当時、記者団に対し、男性が越境を試みたと推定されると明らかにしたことも監査の対象に挙げた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。