Go to Contents Go to Navigation

韓国・現代自グループ ミシュランとEV専用・エコタイヤ開発へ

記事一覧 2022.06.20 11:25

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車グループは20日、タイヤ世界大手の仏ミシュランと、プレミアム電気自動車(EV)専用タイヤと環境配慮型タイヤの開発に向け業務協定を結んだと発表した。自動運転の高度化に必要なタイヤのモニタリングシステムを構築する研究も進める。

現代自動車グループとミシュランは17日、現代自動車グループの南陽研究所(京畿道華城市)で業務協定を締結した(現代自動車グループ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 現代自動車グループは従来の自動車メーカーからスマートモビリティーのソリューションプロバイダーへの転身を図っており、ミシュランとの協業は同戦略を具体化するもの。両社は2022年6月までの5年間も協業し、現代自動車のEV「アイオニック5」専用タイヤの開発などに成功している。

 2回目の協業は向こう3年間を予定する。両社はEVの重い車両重量を支えられるプレミアムEV専用タイヤを共同開発する。耐荷重を高め、EVの走行性能と燃費(電費)性能を向上させたい考えだ。

 タイヤの低炭素化にも取り組む。タイヤに用いるエコ素材の割合をこれまでの20%(重量ベース)から50%に引き上げる。

 また、タイヤの摩耗や荷重、接地面の摩擦などを総合的にモニタリングし車両制御システムに活用するための共同研究を行う。現代自動車グループによると、この研究によりEVの高速走行時に発生する振動と騒音の低減、乗り心地の大幅向上が見込まれる。 

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。