Go to Contents Go to Navigation

[韓流]仏アニメ映画祭 韓国の2作品が受賞

記事一覧 2022.06.20 14:18

【ソウル聯合ニュース】韓国のアニメーション映画「テイリ」と「角質」(いずれも原題)が、フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭(18日閉幕)でそれぞれ受賞した。

アニメーション映画「テイリ」(上)と「角質」のワンシーン(製作会社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同映画祭のホームページによると、ホン・ジュンピョ監督の「テイリ」は挑戦的なアニメ映画を対象とする長編コントルシャン部門で審査員特別賞を、ムン・スジン監督の「角質」は学生の卒業作品部門で大賞をそれぞれ受賞した。

 韓国で昨年12月に公開された「テイリ」は、ソウル・東大門市場の劣悪な労働環境の改善を求めて1970年に焼身自殺した労働運動家の全泰壱(チョン・テイル)氏の人生を描いた作品で、俳優のチャン・ドンユン、ヨム・ヘラン、チン・ソンギュ、クォン・ヘヒョ、パク・チョルミンなどが声優を務めた。

 「角質」は人間の社会的仮面を素材として作られた6分の作品で、韓国アニメーションとして初めて先月のカンヌ国際映画祭の短編コンペティション部門に選出され、話題を呼んだ。

 「アニメーション界のカンヌ映画祭」と呼ばれるアヌシー国際アニメーション映画祭は毎年6月にフランスのアヌシーで開催され、今年で46回目を迎える。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。