Go to Contents Go to Navigation

韓国18歳ピアニスト 兵役特例対象の大会で2回優勝

記事一覧 2022.06.20 17:35

【ソウル聯合ニュース】韓国のピアニスト、イム・ユンチャンさん(18)が米テキサス州フォートワースで行われたバン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝したことで、イムさんの兵役問題に関心が集まっていることが20日、分かった。

バン・クライバーン国際ピアノコンクールで史上最年少優勝を果たしたイム・ユンチャン(提供写真)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 インターネット上ではイムさんが今大会で優勝したため、芸術・スポーツ要員として代替服務の対象となったとされているものの、イムさんは2019年に出場した大会で優勝したことで、すでに資格を得ている。

 兵役法には国威の宣揚に寄与した芸術家やスポーツ選手に対し兵役の義務を免除したり、代替服務を認めたりする特例制度がある。条件を満たし、芸術・スポーツ要員としての服務が認められれば、それぞれの分野で34カ月活動することで服務となる。

 芸術分野では指定された国際コンクールで2位以内が条件となっており、イムさんは19年に出場した尹伊桑(ユン・イサン)国際音楽コンクールでの最年少優勝がこれに該当する。

 朝鮮半島出身の作曲家、尹伊桑の名を冠した尹伊桑国際音楽コンクールは兵役法で定められた28の国際音楽コンクールの一つ。

 イムさんが今回優勝したバン・クライバーン国際ピアノコンクールは冷戦時代の1958年にソ連で行われた第1回チャイコフスキー国際コンクールピアノ部門で優勝したバン・クライバーンを記念するコンクール。1962年から始まり、4年おきの開催となっている。

 イムさんは3年間で2回、いわゆる「兵役特例」が認められる大会で優勝したことになる。

 一方、この特例を巡っては、大衆文化が芸術分野に含まれていないことから、人気グループ、BTS(防弾少年団)が国際的な音楽賞を受賞し、国威宣揚の功績が明瞭であるにもかかわらず、対象になっていないことで論争が起きている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。