Go to Contents Go to Navigation

強制動員問題巡り官民協議体の設置検討 外交部「各界の意見傾聴」=韓国

韓日関係 2022.06.21 16:08

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は韓日関係の最大の懸案になっている日本による植民地時代の強制動員被害者への賠償問題を巡り、政府関係者や専門家による官民合同の協議体を近く設置し、解決策を模索する方針だ。複数の外交消息筋が21日、明らかにした。

韓国外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

 同問題を解決するためには国民と被害者が受け入れられる解決策を導き出すことが重要なため、解決策を模索する段階から民間の意見を取り入れる考えだ。韓国政府は意見を聴取する過程で被害者との意思疎通が欠かせないと認識しているとされる。

 韓国外交部の崔泳杉(チェ・ヨンサム)報道官は同日の定例会見で、官民協議体の設置について即答を避けながら、「当事者や各界各層の意見を傾聴することを含め、問題解決のため努力している」として、「この過程で両国の共同利益に合致するよう合理的な解決策を模索する方針」と明らかにした。また、「意見聴取のための具体案は検討中」と述べた。

 官民協議体などを通じた意見聴取を検討するということは韓国政府が強制動員被害者への賠償問題の解決策を模索するため、積極的に動き出したというシグナルでもある。韓日関係に大きな影響を与える日本企業の韓国内資産の現金化が迫っている状況も背景にあるとみられる。

 三菱重工業は4月、韓国内資産の売却命令を不服とし、韓国大法院(最高裁)に再抗告している。再抗告が棄却されれば、売却手続きが進められる。

 日本は自国企業に被害が及ぶ現金化を一種の「臨界点」と見なしている。韓国政府としても現金化が進む前に解決策を提示する必要性がある。

 ただ、問題解決のためには日本側の誠意のある態度が必要という指摘もある。日本は韓日関係の改善のためには強制動員問題の解決が急務として、韓国が解決策を示すよう求めている。このため、韓国内では日本は動いていないのに韓国だけが問題解決を急ぐように見える状況は避ける必要があるとの声もある。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。