Go to Contents Go to Navigation

サル痘感染が疑われる人 初めて韓国に入国

記事一覧 2022.06.22 00:15

【仁川聯合ニュース】天然痘に似た感染症「サル痘」の感染が疑われる人が、初めて韓国に入国したことが21日確認された。

5月27日、仁川国際空港で韓国入国前に検疫を受けようと待つ人たち=(聯合ニュース)

 仁川医療院などによると、サル痘の感染が疑われる人が同日午後に同院の隔離病棟に収容された。この人は仁川国際空港から入国する際にサル痘患者に見られる症状があったという。詳しい検査をして、感染者かどうかを調べる。

 韓国の保健当局はサル痘の国内流入に備え、同院を専用医療機関に指定していた。

 韓国政府はサル痘の国内流入時に迅速に対応するため今月8日、サル痘を法定感染症(第2級感染症)に指定している。

sarangni@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。