Go to Contents Go to Navigation

[韓流]IVEのセカンドシングル 韓国最大音楽サイトのチャート1位

芸能・スポーツ 2022.06.22 15:04

【ソウル聯合ニュース】韓国の新人ガールズグループ、IVE(アイブ)が4月にリリースしたセカンドシングル「LOVE DIVE」が「向かうところ敵なし」の勢いを見せている。

IVE=(聯合ニュース)

 「LOVE DIVE」は22日午前9時現在、韓国最大の音楽配信サイト、メロンのチャート「トップ100」で1位を維持している。昨年12月にデビューしたIVEは今月19日、同曲でデビュー後初の「トップ100」1位を達成した。翌20日にはメロンのデイリーチャートでもトップに立った。

 現在、「トップ100」には、上半期に大きくヒットした(G)I-DLE(ジー・アイドゥル)の「TOMBOY」、デビュー22年目の貫禄を見せつけた歌手PSY(サイ)の「That That」、世界的人気を誇るBTS(防弾少年団)の新曲「Yet To Come」、韓国内で圧倒的なファンダム(ファン集団)を持つ男性トロット(韓国の演歌)歌手のイム・ヨンウンの「私たちのブルース」などが上位に入っている。

 韓国歌謡界では、メロンのチャートでの1位獲得は、ファンダムの規模や大衆の人気のどれかが欠けても不可能なため、音楽番組での1位獲得よりはるかに難しいとされているが、IVEは発売から3カ月が経った曲で先輩歌手を抑えトップに立った。

 「LOVE DIVE」は愛する勇気さえあればいつでも自信を持って飛び込もうというメッセージが込められた曲。先ごろ、米誌「タイム」の「ベストK―POPソング」にも選ばれた。同曲のミュージックビデオ(MV)は、デビュー曲「ELEVEN」のMVに続き動画投稿サイト「ユーチューブ」で再生回数1億回を達成した。

 歌謡界の関係者はIVEの人気ぶりについて、18日に3年ぶりの対面形式で開かれた大型K―POPイベント「ドリームコンサート」で男性グループのファンもIVEの曲を歌っていたとし「曲が聞きやすく歌いやすいのが大きな長所」と述べた。

 また、19日にソウル・蚕室野球場で行われたプロ野球、KT対斗山戦で行ったメンバーのチャン・ウォニョンの始球式とIVEの公演も大きな人気を集め、SNS(交流サイト)で話題となり、二つのイベント後にリスナーの反応が反映され、メロンのデイリーチャートで1位を記録するに至ったの見方を示した。

19日に行われたプロ野球、KT対斗山戦で始球式を行ったチャン・ウォニョン=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。