Go to Contents Go to Navigation

ソウルのタクシー メーターを100年ぶり一新=IT活用で精度向上

社会・文化 2022.06.23 11:45

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は23日、ITにより位置情報や走行距離の精度を高めた「GPS(全地球測位システム)基盤タクシーアプリメーター」を本格的に導入すると発表した。

ソウル市内を走るタクシーのメーターが100年ぶりに一新される=(聯合ニュース)

 今月中にメーターの設置を開始し、ソウル市内の中型タクシー6万9000台全てを対象に年内に導入を完了する計画だ。

 アプリメーターは、GPSにより自動車の位置情報をリアルタイムで把握し、走行時間や距離、速度を計算する。

 ソウル市は、新産業育成のために新たな製品やサービスに対する規制適用を一定期間免除する科学技術情報通信部の「新技術規制サンドボックス」の臨時許可を受け、2019年から計1万409台のタクシーでアプリメーターを試験運用してきた。その結果を基に今年2月に関連規定の改正を終え、正式な導入が可能になった。

 従来のタクシーメーターは1921年に韓国で初めて導入された機械式のもので、100年ぶりにタクシー料金の算定方式に変化が生じることになる。

 アプリメーターが導入されれば、メーターの誤作動などによる乗客の不便が解消されると期待される。

 ソウル市の白虎(ペク・ホ)都市交通室長は「市民の便宜とタクシーの信頼度を向上させるため、アプリメーターなどITを基盤とする先進のタクシーサービスを普及・定着させる」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。