Go to Contents Go to Navigation

韓国滞在の外国人 1年3カ月ぶり2百万人台回復=コロナ「エンデミック」で

記事一覧 2022.06.23 14:34

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスのエンデミック(一定期間で繰り返される流行)への移行により、韓国に滞在する外国人が1年3カ月ぶりに200万人台を回復したことが、23日分かった。

ソウル・梨泰院の街を歩く外国人=(聯合ニュース)

 法務部の出入国外国人政策本部の統計によると、5月の時点で韓国に滞在する外国人は201万2862人で、前月比1.3%(2万5612人)増えて2021年2月以来1年3カ月ぶりに200万人を上回った。

 韓国に滞在する外国人は2016年6月に200万1828人と初めて200万人を超え、その後も観光客の増加や労働人口の流入などで増加が続いた。

 19年12月には過去最高の約252万人を記録したが、新型コロナウイルスの感染拡大が始まった20年1月から減少に転じた。

 昨年3月には約199万9000人となり、5年3カ月ぶりに200万人を割り込んだ。

 このうち観光・訪問などの目的でビザなし入国し、90日未満滞在する「短期滞在外国人」は5月現在で約42万4000人で、前月に比べて1.8%(約7600人)増加した。

 長期滞在外国人は約158万人で、1.2%(約1万8000人)増加した。

 滞在資格別にみると、田植えや収穫期など農繁期に農村で働く「季節労働者」(E8)が1584人から3472人に119.2%増加し、最大の増加幅を記録。1年前(152人)に比べると20倍以上に増えた。

 主に旅行客が取得する観光・通過ビザ(B2)で滞在する外国人は15.0%増え、約6万2000人となった。

 雇用許可制の対象である非専門就業(E9)は約22万1000人から約22万3000人に、在外同胞(F4)は約48万3000人から約48万5000人に小幅増加した。

 移民政策関係者は「国家間の移動が再び活発になり、外国人労働者や留学生、観光客、在外同胞などさまざまな滞在資格の入国者が増えている」と分析し、「この流れなら来年ごろには新型コロナ以前の水準である250万人台に回復するのではないか」との見通しを示した。

韓国に滞在する外国人の推移を示したグラフ(法務部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。