Go to Contents Go to Navigation

ウクライナに「非軍事的支援のみ行うべき」 7割超=韓国調査

記事一覧 2022.06.24 16:13

【ソウル聯合ニュース】韓国世論調査会社の調べで、国民の7割以上が政府はウクライナに「非軍事的支援」のみを行うべきだと考えていることが24日分かった。

ウクライナ南部のオデッサで訓練を行う兵士=23日、オデッサ(AFP=聯合ニュース)

 韓国ギャラップが21日から23日まで全国の18歳以上の1000人を対象に行った調査の結果、ロシアに侵攻されたウクライナに対する尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の対応の方向性について「医薬品、食糧など非軍事的支援のみを行うべきだ」との答えが72%を占めた。

 「兵器など軍事的支援を行うべきだ」との答えは15%、「どのような支援も行うべきでない」との答えは6%だった。

 軍事的支援を行うべきだと答えた人は男性、60代以上、保守系与党「国民の力」の支持層、大統領支持者でそれぞれ20%前後と比較的多かった。

 ウクライナの戦況に対する関心度については48%が「とてもある」、35%が「ややある」と答え、回答者の約84%が関心を持っていることが分かった。

 関心が「とてもある」と答えた人は女性(40%)より男性(56%)が多く、年齢別では50・60代が60%半ば~後半と多かった。

 朝鮮半島で戦争が起こったと仮定した質問では、全体の69%が「進んで参戦する」とした一方、22%は「参戦しない」と答えた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。