Go to Contents Go to Navigation

韓国警察トップが辞意表明 人事巡る大統領の叱責など受け

記事一覧 2022.06.27 09:23

【ソウル聯合ニュース】韓国警察トップの金昌龍(キム・チャンリョン)警察庁長は27日、辞意を表明した。金氏の任期は来月23日までだ。

金昌龍・警察庁長(資料写真)=(聯合ニュース)

 警察を巡っては、行政安全部の諮問機関・警察制度改善諮問委員会が21日、検察の捜査権の多くが移管されることになった警察の権限の肥大化をけん制するため、同部内へのいわゆる「警察局」の設置を勧告。同部が警察を事実上統制することになったことに内部から強く反発する声が上がっている。また、警察が大統領の決裁を受ける前に幹部の人事を発表したとして、尹大統領が警察を厳しい口調で非難したことを受け、内部の混乱を収束させるため辞意を表明したとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。