Go to Contents Go to Navigation

朴康造氏がINAC神戸の新監督に 元韓国代表の在日3世

芸能・スポーツ 2022.06.28 10:04

【ソウル聯合ニュース】日本のサッカー女子WEリーグのINAC神戸は27日、元韓国代表MFの朴康造(パク・カンジョ)氏(42)の新監督就任を発表した。

INAC神戸の監督に就任した朴康造氏(同チームのインスタグラムより)=(聯合ニュース)

 兵庫県出身で在日韓国人3世の朴氏は、1998年にJリーグの京都パープルサンガに入団し、プロデビューした。

 2000年に韓国の城南一和に移籍し、在日韓国人として初めてKリーグに進出。03年からはJリーグのヴィッセル神戸でプレーした。

 00年に初めて韓国代表に選ばれ、国際Aマッチ5試合に出場、1得点を記録した。

 12年の現役引退後は指導者として活動し、今年4月からINAC神戸のアシスタントコーチを務めていた。

 朴氏は「歴史あるINAC神戸の監督に就任することができ、大変光栄です」としながら、「WEリーグ初年度に優勝したチームを引き継ぐことになり、プレッシャーもありますが楽しみでもあります。目指すは主導権を握り、攻守ともに選手が躍動できるサッカーです」とコメントした。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。