Go to Contents Go to Navigation

韓国の国際線旅客数が急増 6月100万人突破=コロナ発生後初めて

記事一覧 2022.07.03 11:46

【ソウル聯合ニュース】政府の航空政策正常化と航空会社の運航拡大に伴い、韓国の国際線旅客数が先月大幅に増加した。

混み合う仁川国際空港(資料写真)=(聯合ニュース)

 国土交通部の統計によると、6月の国際・国内線の旅客数は460万1000人で、前月より4.6%増えた。国際線が36%増の128万人を記録し、旅客数の増加をけん引した。前年同月と比べると、約420%増となった。単月の国際線旅客数が100万人を上回るのは新型コロナウイルスが発生して以来初めて。国内線は小幅減少した。

 同部は先月、2年2カ月ぶりに仁川国際空港の1時間当たりの到着便数制限を緩和した。同空港は現在、新型コロナ発生前と同様に24時間体制で運営されている。

 金浦国際空港も韓日交流の象徴とされる羽田路線を先月、2年3カ月ぶりに再開した。両国の航空会社が週8往復運航しており、2019年水準の週84往復まで拡大する計画。

 国土交通部は国際線の増便認可を別途の制限なしに需要に応じて承認する方針を示しており、今後、国際線はさらに活発化するとみられる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。