Go to Contents Go to Navigation

「ベイビー・ブローカー」 ミュンヘン映画祭でアリ・オスラム賞を受賞

社会・文化 2022.07.03 16:51

【ソウル聯合ニュース】日本の是枝裕和監督がメガホンを取った韓国映画「ベイビー・ブローカー」がミュンヘン国際映画祭のシネマスターズ・コンペティション部門でアリ・オスラム賞を受賞した。同映画祭が3日までに公式サイトで発表した。同賞はドイツ語以外の作品が対象となる同部門で最優秀賞となる。 

「ベイビー・ブローカー」の一場面(ミュンヘン国際映画祭サイトから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ドイツの女優、シベル・ケキリをはじめとする審査委員団は「恋しさと決断力、迂回に満ちた映画。われわれが自分と相手との関係を見つけるため、時々人生で従わなければならない迂回路」とし、「この映画でわわわれ自身の一部を発見した」と評価した。

 「ベイビー・ブローカー」は、子どもを育てられない人が匿名で赤ちゃんを預けられる「ベビーボックス(赤ちゃんポスト)」を巡って関係を結ぶことになった人々の物語を描いた作品。是枝監督が初めてメガホンを取った韓国映画で、俳優のソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナ、IU(アイユー)らが出演した。

csi@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。