Go to Contents Go to Navigation

保健福祉相候補がまた辞退 尹政権閣僚候補で3人目=韓国

記事一覧 2022.07.04 14:52

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が保健福祉部長官候補に指名した金承禧(キム・スンヒ)前国会議員が4日、候補を辞退した。金氏は5月26日に指名されたが、議員時代、政治資金を使って業務用のレンタカーを個人用として購入したり配偶者名義の自動車の保険料を支払ったりするなど、政治資金を私的に流用した疑惑が発覚。中央選挙管理委員会が検察に捜査を依頼していた。

保健福祉部長官候補を辞退した金氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 金氏は保健福祉部を通じて出した声明で、「私的に流用したことは全くなく、会計処理の過程での実務的なミスによる問題」として改めて疑惑を否定。そのうえで「このような事実とは別として最終的な管理責任から自由ではないという指摘を謙虚に受け止めたい」と辞退の理由を説明した。

 金氏の前に保健福祉部長官候補に指名されていた鄭鎬永(チョン・ホヨン)氏は子どもが医大編入学で特別扱いを受けたなどの疑惑を受けて5月23日に辞退。同部長官候補が相次いで辞退する異例の事態となった。

 尹政権の長官候補が辞退を表明したのは社会副首相兼教育部長官候補だった金仁喆(キム・インチョル)氏と鄭氏に続き3人目となる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。