Go to Contents Go to Navigation

韓国・メキシコ外相会談 FTA交渉の早期再開を強調

記事一覧 2022.07.05 11:46

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は5日、同部の朴振(パク・ジン)長官とメキシコのエブラルド外相が前日ソウルで会談し、両国間の経済協力の制度化をさらに進めるため、自由貿易協定(FTA)交渉再開の重要性を強調したと発表した。

会談の様子=4日、ソウル(聯合ニュース)

会談の様子=4日、ソウル(聯合ニュース)

 両国はFTAの前段階と位置付けられる戦略的経済補完協定(SECA)を経て2007年にFTA締結に向けた交渉を始めたが、メキシコが消極的で交渉は08年に中断した。その後、16年の首脳会談で交渉再開に合意し、昨年8月と10月の通商相会談、11月の次官級協議で交渉再開を前向きに進めた。

 朴氏は、コロンビア、チリ、メキシコ、ペルーが参加する貿易自由化の枠組み「太平洋同盟」への韓国の準加盟国入りの重要性を強調し、エネルギー・インフラ分野での協力がさらに拡大されることに期待を示した。

 供給網(サプライチェーン)、経済安全保障などの分野でより包括的な経済協力を協議するため、両国間の経済共同委員会の再稼働も提案した。

 エブラルド氏は、メキシコ南部・タバスコ州ドスボカスの製油所建設への韓国企業参加を高く評価し、韓国企業の投資・進出の拡大、経済発展経験共有事業(KSP)を通じた政策の経験共有を要請した。

 両外相は会談後、「韓国・メキシコ開発協力了解覚書」に署名した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。