Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 北朝鮮核問題の実質的議論で「南北関係に有意義な進展」

政治 2022.07.05 14:10

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部関係者は5日、南北が今後対話を再開すれば、関係正常化のためにも北朝鮮核問題を実質的に話し合わなければならないとの姿勢を示した。権寧世(クォン・ヨンセ)長官が前日、南北間による非核化問題の議論の必要性を強調し、「新たな南北会談構造」を構築すると発言したことへの補足説明となる。

韓国統一部のロゴ(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 この当局者は「北の実質的非核化と南北関係の正常化は、対北制裁によって互いにつながっている」としながら、「北の核問題については、わが国と北側が実質的に論議してこそ南北関係に有意義な進展をもたらすことができる」との考えを示した。

 また、過去の南北会談で核問題が議題として扱われ、南北合意書に核問題が明示されたが、実質的な議論は低調だったとの評価が多いとして、実質的議論の必要性を重ねて強調した。

 「新たな会談構造」については、ハードウエア的側面よりソフトウエア的側面に焦点を合わせたものだと説明。南北会談をどのような形式で、どのようなハードウエアで実施するかは南北間の合意によって決めなければならないと述べた。

 権長官は前日、1972年の南北共同声明発表から50周年の記念式典で「政府は非核化と政治・軍事的信頼構築、経済などの協力を実効的に論議できる新たな会談の構造を構築していく」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。