Go to Contents Go to Navigation

韓国初の月軌道衛星 来月3日に米国で打ち上げ

IT・科学 2022.07.05 16:59

【ソウル聯合ニュース】月を周回する韓国初の月軌道衛星「タヌリ」が、8月3日に米国で打ち上げられる。

輸送のためコンテナに収められるタヌリ(韓国航空宇宙研究院提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 科学技術情報通信部によると、タヌリは5日、打ち上げに向け中部・大田の韓国航空宇宙研究院から仁川国際空港に移され、航空便で米国へ運ばれる。7日に米フロリダ州のケープカナベラル宇宙軍基地に到着する予定だ。状態の点検や燃料注入などの準備を経て、8月3日午前8時24分(現地時間同2日午後7時24分)ごろに米宇宙企業スペースXのロケットで打ち上げられる。

 タヌリは12月ごろ月周回軌道に乗り、2023年の1年間、月の上空100キロを周回しながら月着陸船の着陸候補地を探るとともに月の科学研究、宇宙インターネット技術の検証といった任務を遂行する。

 韓国政府は米国と協力してタヌリに米航空宇宙局(NASA)の撮影機器を搭載し、NASAはタヌリの深宇宙通信と航行をサポートする。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース IT・科学
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。