Go to Contents Go to Navigation

北の挑発には断固反撃 「いかなる代価払っても国民守る」=尹大統領

記事一覧 2022.07.06 12:42

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は6日、陸・海・空軍の本部がある中部の忠清南道・鶏竜台で開いた全軍主要指揮官会議で、「いかなる代価を払っても国民の生命と財産、領土と主権を守ることが軍の使命だ。安全保障は決して妥協できないという意志を断固として示さなければならない」として、「北が挑発する場合、軍は迅速かつ断固として懲らしめるべきだ」と指示した。

鶏竜台で開かれた全軍主要指揮官会議=6日、鶏竜(聯合ニュース)

 尹大統領は韓国と北東アジアの安保の不確実性が高まっており、安保と国益を守るためには強力な国防力が必要だと強調。「北の核とミサイル脅威に対する根本的な対策を講じなければならない」とし、「韓米同盟に基づく拡大抑止の実効性を高めるべきだ」と言明した。

 また、軍が独自に韓国型3軸体系を構築し、「北の核・ミサイル脅威を圧倒できる能力と態勢を整えなければならない」と述べた。3軸体系は、北朝鮮のミサイル発射の兆候を探知して先制攻撃するキルチェーン、発射されたミサイルを迎撃する韓国型ミサイル防衛体系(KAMD)、北朝鮮から攻撃された場合に指導部などに報復攻撃を行う大量反撃報復(KMPR)の戦力を備える戦力増強計画だ。

 尹大統領は人工知能(AI)を基盤とする「科学技術強軍」の育成を強調し、「兵役資源が減少する状況で先端科学技術を国防の全分野に結びつけ、迫り来る安保脅威に対応すべきだ」とも指示した。

 尹大統領は李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防部長官から国防政策の方向について報告を受け、北朝鮮の核・ミサイル対応能力の画期的な強化策などを議論した。

 韓国の大統領が鶏竜台で全軍主要指揮官会議を開くのは初めて。李明博(イ・ミョンバク)元大統領と朴槿恵(パク・クネ)元大統領は国防部で、文在寅(ムン・ジェイン)前大統領は青瓦台(大統領府)で開いていた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。