Go to Contents Go to Navigation

朴智元氏「事実無根」 情報機関が「報告書の無断削除」で告発=韓国

記事一覧 2022.07.06 18:42

【ソウル聯合ニュース】韓国の情報機関、国家情報院(国情院)が2020年に起きた北朝鮮軍による韓国公務員男性殺害事件を巡り、当時、国情院長を務めていた朴智元(パク・チウォン)氏を公用電磁記録など損壊罪などで告発したことについて、朴氏は6日、「全くの事実無根」と反論した。

朴智元氏(国会写真記者団)=(聯合ニュース)

 国情院はこの日、独自の調査を行った結果、朴氏が同事件を巡り、諜報に関連した報告書などを無断で削除した疑いがあり、大検察庁(最高検)に告発したと発表した。

 これに対して朴氏は聯合ニュースの取材に対し、何も知っていることはないとし、「国家情報院がそんなこと(告発)をするのは、必要ない」として告発が不適切と指摘した。

 国情院はこの日、亡命を希望していた北朝鮮の住民2人を北朝鮮に送還した19年の事件を巡り、当時、国情院長を務めていた徐薫(ソ・フン)氏についても合同調査を強制的に早期終了させた疑いがあるとして告発した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。