Go to Contents Go to Navigation

韓国与党 代表の性接待疑惑をきょう審議=懲戒なら党内混乱

記事一覧 2022.07.07 09:00

【ソウル聯合ニュース】韓国与党「国民の力」の中央倫理委員会は7日夜、李俊錫(イ・ジュンソク)党代表が過去に性接待を受け、その証拠隠滅を教唆したとされる疑惑を審議する。李氏も出席して事情を説明する予定だ。李氏の懲戒処分が決まる場合、党は大きな混乱に陥ると予想される。

国民の力の李代表(手前、国会写真記者団)=6日、ソウル(聯合ニュース)
国民の力の李代表(共同取材)=(聯合ニュース)

 倫理委員会による懲戒は、低い方から警告、党員権(資格)の停止、離党勧告、除名の四つがある。李氏が党員権停止以上の懲戒処分を受ければ、代表職の遂行は難しいとの見方もある。与党代表としてのモラルも厳しく問われることになる。

 懲戒処分を受けない場合、李氏はこれまで推し進めてきた党改革を加速することができる一方、党内の主流である尹錫悦(ユン・ソクヨル)支持グループとの対立は鮮明となるとみられる。

 倫理委員会は先月22日にも開かれたが、李氏の扱いについては判断を見送った。だが結論を先延ばしにすればそれだけ党の内紛が深刻化し、支持率にも悪影響を及ぼすことから、今回は結論を出すとの見方が大勢を占める。一方で慎重を期す必要があるという意見も少なくなく、再び先送りされる可能性も残っている。

 李氏側は疑惑の一切を否定し、正面突破を図る構えを見せている。

 李氏は昨年6月、36歳の若さで党代表に選出された。来年6月まで任期を残している。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。