Go to Contents Go to Navigation

韓国脱北者団体が大型風船で北朝鮮に医薬品 コロナ責任転嫁も非難  

記事一覧 2022.07.07 13:27

【金浦聯合ニュース】韓国の脱北者団体「自由北韓運動連合」は7日、新型コロナウイルスの感染が拡大した北朝鮮に向けて医薬品やマスクなどを大型風船で飛ばしたと明らかにした。6月にも2回、大型風船で医薬品などを送っているが、今回は風船に、脱北者団体が風船で飛ばした物に新型コロナウイルスが付着しており北朝鮮に流入したとする北朝鮮側の主張に反発する垂れ幕を付けた。

自由北韓運動連合は7日、大型風船を使って前日に北朝鮮へ薬とマスクを送ったと明らかにした。同団体が公開した風船を飛ばす直前の写真。風船には金正恩氏の写真入りの垂れ幕を付けた(同団体提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 自由北韓運動連合は6日に北朝鮮に近い京畿道・金浦から、解熱鎮痛剤7万錠とビタミンC3万錠、マスク2万枚を大型風船20個に付けて北朝鮮側に送ったとし、その様子を収めた写真を公開した。

 風船には、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)の写真の下に「中国から流入した悪性伝染病(新型コロナ感染症)を広げ、対北ビラに(責任を)転嫁した偽善者、金正恩の詭弁(きべん)を糾弾する」と書いた大型の垂れ幕を取り付けた。

 この団体は北朝鮮の体制を批判するビラを北朝鮮に向けて飛ばす活動を行ってきた。

 北朝鮮メディアは今月1日、新型コロナウイルスが韓国と境界を接する北朝鮮南部の江原道金剛郡伊布里で最初に発生したと発表。4月初めに軍人と子どものそれぞれ1人が近隣の山で「見慣れない物」に触ったためだと主張した。「見慣れない物」が何かは説明しなかったが、「風船に付いて飛んできた見慣れない物」を警戒するよう指示が出されたことから、脱北者団体が飛ばすビラや物品を指したものとみられる。

 自由北韓運動連合の朴相学(パク・サンハク)代表は「北の消息筋によると、北へのコロナ流入は中国で働いて戻った住民を通じたものだった」とし、それにもかかわらず北朝鮮が脱北者団体とビラに責任を転嫁していると批判した。朴氏は「これに対抗するビラをまこうと考えだが、コロナで苦しむ北の住民を助けるため、代わりに医薬品を送った」と説明した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。