Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(7月7日)

記事一覧 2022.07.07 18:00

◇財政収支赤字をGDP比3%以内に 来年度から緊縮予算

 政府は財政収支の赤字額を国内総生産(GDP)比で3%以内に抑えることを決めた。文在寅(ムン・ジェイン)前政権の拡張的な財政政策を撤回し、健全財政への転換を進める。これに向け、2023年度(1~12月)の予算から緊縮モードに入る。政府が7日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の主宰で開いた国家財政戦略会議で発表した。

政府は財政収支の赤字額をGDP比で3%以内に抑えることを決めた(イラスト)=(聯合ニュース)

政府は財政収支の赤字額をGDP比で3%以内に抑えることを決めた(イラスト)=(聯合ニュース)

◇サムスン電子4~6月期の営業益11.4%増 売上高は過去2番目

 サムスン電子が発表した22年4~6月期の連結決算(速報値)によると、本業のもうけを示す営業利益は14兆ウォン(約1兆4600億円)で前年同期比11.4%増加した。売上高は20.9%増の77兆ウォンと、四半期ベースでは過去2番目の大きさだった。ロシアによるウクライナ侵攻長期化の影響や急激な物価上昇、景気減速に伴う需要の縮小など悪材料が重なったにもかかわらず健闘したといえる。

◇大統領室 情報機関の元トップ告発「報道資料見て知った」

 大統領室は情報機関、国家情報院(国情院)が20年に起きた北朝鮮軍による韓国公務員男性殺害事件や亡命を希望していた北朝鮮の住民2人を北朝鮮に送還した19年の事件を巡り当時の国情院長2人を告発したことについて、国情院が報道資料を出した後に知ったと明らかにした。大統領室の関係者は会見で、尹錫悦政権が両事件に注目するのは、これらの事件に前政権が関与したとすれば反人権的・反人倫的国家犯罪であるためだと説明した。

◇尹大統領 与党の懸念よそにぶら下がり取材継続へ 

 尹大統領は出勤時に記者団の質問に答えるぶら下がり会見を続ける考えだ。ストレートな物言いなどが論争を呼び、与党「国民の党」の一部から当分の間はぶら下がり会見を中断するよう求める声が出ているが、尹大統領の意志は固いという。韓国の歴代大統領のうち、出勤時にぶら下がり会見を行うのは尹大統領が初めてだ。大統領室の関係者は聯合ニュースの取材に対し、「ぶら下がりは新政権の脱権威と意思疎通の努力の象徴だ」として「やめる理由がない」と述べた。

◇政府系シンクタンク「サービス業改善で緩やかな景気回復続く」

 政府系シンクタンクの韓国開発研究院(KDI)は7月の経済動向で、韓国経済について「サービス業が改善したが、国外の状況の悪化により製造業が停滞し、景気回復は緩やかな水準で続いた」との認識を示した。KDIの担当者は「リスク要因が依然として多い」と指摘したうえで、原材料価格の上昇は短期間では終わらず、米国や欧州などの利上げが世界経済に及ぼす影響も注視する必要があると述べた。

◇食品の「流通期限」を「消費期限」に変更へ 来年1月から

 食品医薬品安全処は、来年1月から食品などに表示する「流通期限」を「消費期限」に変更することを決めた。流通期限は通常、品質安全期限の60~70%、消費期限は80~90%に設定される。流通期限が消費期限に変わることで、表記される期間が長くなる。流通期限が摂取可能期限と認識されることで流通期限が過ぎた製品の摂取を巡って混乱が生じ、これにより無駄に廃棄される食品が多いことから変更されることが決まった。業界は、消費期限表記制の施行以降もしばらくはこれまで通り流通期限の期間を表示すると予想される。

◇済州島で漁船火災 3人負傷・2人不明

 南部・済州島の翰林港で7日午前、停泊していた漁船で火災があった。火は隣の漁船に燃え移り、計3隻が燃えた。火災により3人がけがをし、2人が行方不明となった。海洋警察が事故現場で不明者を捜索している。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。