Go to Contents Go to Navigation

韓国与党代表「辞任する考えはない」 倫理委の懲戒決定受け入れず

記事一覧 2022.07.08 10:15

【ソウル聯合ニュース】韓国与党「国民の力」の李俊錫(イ・ジュンソク)代表は8日午前にラジオ番組に出演し、代表を退く考えはないと述べ、自身を党員権(資格)停止6カ月の懲戒処分とした党中央倫理委員会の決定を受け入れない姿勢を示した。

倫理委員会に出席し、疑惑に関して説明した李代表(共同取材)=8日、ソウル(聯合ニュース)

倫理委員会に出席し、疑惑に関して説明した李代表(共同取材)=8日、ソウル(聯合ニュース)

 倫理委員会は同日未明、李氏が性接待を受けた証拠の隠滅を教唆したとの疑惑を審議した末に、李氏に対し党員権停止6カ月という重い懲戒処分を決定した。これにより李氏は代表としての職務遂行が困難になる。

 李氏はラジオ番組で代表を辞任する意向があるかと問われると「そうした考えはない」と答えた。倫理委員会の規定では懲戒処分権というものが党代表に与えられているとし、「納得できるような状況でないなら、まずは懲戒処分を保留するという考えだ」と述べた。「処分が納得できる時点になれば当然受け入れるだろうが、今の状況では(そうでない)」と繰り返し、「仮処分なり再審なり、状況を判断した上であらゆる措置を取る」との考えを示した。

 李氏は倫理委員会の決定に「異議を唱えるしかない状況」と不満を漏らした。政界では捜査機関や裁判所の判断が示された後で倫理委員会が処分を下すのが慣例だったと指摘。捜査の手続きも始まっていないにもかかわらず、倫理委員会が懲戒処分を決めたことを不審に思うとした。ケーブルチャンネルが今回の倫理委員会への圧力疑惑を取り上げていることにも言及した。

 与党現職代表に対する重い懲戒処分は史上初の事態だ。李氏が対抗する構えを見せたことから、党内はさらに混迷を深めるとみられる。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。