Go to Contents Go to Navigation

脱北者定着支援施設が23周年 韓国統一相「来たるべき統一に備える」

記事一覧 2022.07.08 17:26

【ソウル聯合ニュース】韓国の権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官は8日、脱北者が合宿生活をしながら韓国社会への定着教育を受ける施設「北韓離脱住民定着支援事務所(ハナ院)」の開院23周年記念式典に出席し、「(南北)統一がいつ実現するかは誰も予測できないが、来たるべき統一に備えることは今でも誰でもできる」と述べた。

権長官(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

権長官(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 記念式典に統一部長官が出席したのは、2017年以来5年ぶり。

 1999年7月8日にソウル近郊の京畿道安城市に開院したハナ院では、これまでに3万人近い脱北者が教育を受けた。

 式典には脱北者で与党「国民の力」の池成浩(チ・ソンホ)国会議員らも出席した。池氏は「16年前にハナ院を修了した私が、韓国の国会議員になってこの場に立っている」としながら、「北で生まれたことを恥じることなく、堂々と暮らせる環境を作れるよう努力する」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。