Go to Contents Go to Navigation

自動車輸出額に占めるエコカーの割合 初めて30%突破=韓国

記事一覧 2022.07.11 09:29

【ソウル聯合ニュース】韓国の自動車輸出額に占めるエコカーの割合が初めて30%を超えた。

現代の「アイオニック5」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国貿易協会によると、1~5月の自動車輸出額は204億5300万ドル(約2兆8000億円)だった。エコカーが占める割合は30.3%で、前年同期に比べ8.7ポイント上昇した。

 炭素中立(カーボンニュートラル)が世界的な流れとなる中、エコカーの需要が高まったことに加え、現代自動車の電気自動車(EV)「アイオニック5」と現代の子会社、起亜のEV「EV6」の米国販売開始が重なり、エコカー輸出額が増加したとみられる。

 エコカーの輸出台数も増え続けている。

 韓国自動車産業協会の資料によると、1~5月の自動車輸出台数は90万1260台で、このうちエコカーが占める割合は23.8%と、初めて20%を超えた。前年同期に比べ6.4ポイント上昇した。

 エコカーの輸出台数をみると、EVではアイオニック5が2万5381台で最も多く、次いでEV6が2万5052台だった。ハイブリッド車(HV)ではルノーコリアのスポーツタイプ多目的車(SUV)「XM3」が2万6597台でトップ。続いて、現代の「コナ」が1万4422台、起亜の「ニロ」が1万3078台だった。現代の燃料電池車(FCV)「ネクソ」は119台が輸出された。

 エコカー1台当たりの平均輸出単価も上昇している。

 両協会の資料を総合すると、1~5月のエコカーの平均輸出単価は2万8865ドルで、前年同期比4%上昇した。2018年の2万1770ドルから19年は2万3100ドル、20年は2万6309ドル、昨年は2万8810ドルと毎年約2500~3000ドルずつ上昇した。このペースが続けば今年末には3万ドルを超える可能性が高い。

起亜の「EV6」(現代自動車グループ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
ルノーコリアの「XM3」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。