Go to Contents Go to Navigation

入国後のPCR検査結果を入力システムに登録 14日から=韓国

記事一覧 2022.07.11 15:22

【ソウル聯合ニュース】韓国の疾病管理庁は11日、検疫情報事前入力システム(Q―CODE)に入国後の新型コロナウイルス検査の結果を登録する機能を14日から導入すると発表した。

仁川国際空港(資料写真)=(聯合ニュース)

仁川国際空港(資料写真)=(聯合ニュース)

 同庁は、新たな変異株流入が懸念される中、入国者数が増加している状況を踏まえ、入国者を効率的に管理するため、検査結果の登録を簡素化したと説明した。

 入国者は、入国後3日以内に受けるよう義務付けられているPCR検査の結果を同システムに登録すればよい。保健所は入国者が登録した検査結果を確認できる。登録を済ませていない入国者には検査を受け登録するよう促す方針だ。

 これまで同システムを利用したことがない入国者は14日から旅券番号、生年月日、入国日を入力すれば登録可能だ。

 韓国人または長期滞在の外国人は居住地の保健所で、短期滞在の外国人は空港の新型コロナ検査センターや宿泊先から近い医療機関でPCR検査を受けることができる。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。