Go to Contents Go to Navigation

韓国与野党幹部が日本大使館弔問 安倍氏に哀悼の意

記事一覧 2022.07.12 18:16

【ソウル聯合ニュース】日本の安倍晋三元首相の死去を受け、韓国の与野党幹部が12日、ソウルの日本大使館公報文化院を弔問のため訪れた。

弔問を終えた後、報道陣の質問に答える権性東氏=12日、ソウル(聯合ニュース)

 保守系与党「国民の力」の権性東(クォン・ソンドン)党代表職務代行兼院内代表は同日午後に弔問を終えた後、報道陣に対し「安倍元首相は日本の歴代最長の首相として日本国民から愛され、信望が厚かった」とし、哀悼の意を表した。

 また、「深い悲しみに包まれている日本国民と遺族の皆さまにお悔み申し上げる」と述べた。

 権氏は報道陣から「参議院選挙で圧勝した自民党が憲法改正に乗り出すとみられるが」と尋ねられると、「故人を悼む場で日本の政治問題について言及するのは適切ではない」と答えるにとどめた。

 革新系最大野党「共に民主党」の禹相虎(ウ・サンホ)非常対策委員長も同日午前、弔問に訪れた。

 禹氏は報道陣に対し「(安倍氏は)共に民主党と政治的見解が異なったが、哀悼の意を伝えるために来た」とし、「ご冥福をお祈りする。大きな衝撃を受けた日本国民にもお悔み申し上げる」と述べた。

弔問に訪れた禹相虎氏=12日、ソウル(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。