Go to Contents Go to Navigation

[韓流]「犯罪都市2」など韓国映画が57%占める 6月の国内興行 

記事一覧 2022.07.13 15:34

【ソウル聯合ニュース】観客が戻りつつある韓国の映画館で、6月は韓国映画がけん引役になったことが分かった。映画振興委員会が13日公表した資料によると、6月の韓国映画の売上高は952億ウォン(約100億円)で、全体の売上高の57.5%を占めた。観客動員数でも韓国映画が占める割合は60.4%と、前月から7.3ポイント拡大した。

6月の映画興行は「犯罪都市2」など韓国映画がけん引した(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

6月の映画興行は「犯罪都市2」など韓国映画がけん引した(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 作品別の売上高をみると、韓国映画「犯罪都市2」(原題)が全体の33.9%に当たる537億ウォンで、2カ月連続で1位を獲得した。マ・ドンソク主演のクライムアクション映画で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)以降初めて韓国で観客数1000万人突破を記録している。

 韓国映画では「魔女 Part2. The Other One」(原題)が250億ウォンで3位、是枝裕和監督作品の「ベイビー・ブローカー」が123億ウォンで5位となった。トップ5に韓国映画3作が入った。

 米ハリウッド大作の「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」(291億ウォン)が2位、「トップガン マーヴェリック」(232億ウォン)が4位だった。 

 映画館の上半期(1~6月)の累計売上高は4529億ウォンで前年同期の2.4倍となった。観客数も2.2倍の4493万人。だが、新型コロナ禍前だった2019年上半期に比べると半分程度にとどまる。6月の売上高も19年同月より19%少ない。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。