Go to Contents Go to Navigation

現代自のEV「アイオニック6」世界初公開 航続距離最大524キロ

記事一覧 2022.07.14 11:33

【釜山聯合ニュース】韓国の現代自動車が、14日のプレスデーを皮切りに24日まで南部・釜山の展示コンベンションセンターBEXCOで開催される釜山国際モーターショーで、電気自動車(EV)専用ブランド「アイオニック」の2番目のモデルとなる「アイオニック6」を世界初公開した。

「アイオニック6」(現代自動車提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 セダンタイプのアイオニック6は、容量77.4キロワット時(kWh)の電池を搭載するロングレンジと53.0kWhの電池を備えたスタンダードの2グレード構成となっている。

 現代自動車グループが開発したEV専用プラットフォーム(車台)「E―GMP」をベースに空気力学に基づくデザインを採用し、ロングレンジ後輪駆動モデルでは1回の充電で最大524キロ(韓国政府認証)の走行が可能。ロングレンジ四輪駆動モデルは484キロ、スタンダードモデルは367キロを走行できる。ロングレンジモデルで1回の充電による航続距離が最大430キロ程度だった「アイオニック5」と比べると、大幅に伸びた。

 現代は、アイオニック6の燃費(電費)は6.2キロ/kWh(スタンダード後輪駆動モデル)と、現存する専用EVのうち世界最高水準だと説明している。

 アイオニック6は400ボルト(V)・800Vのマルチ急速充電システムを採用している。800Vの超急速充電なら18分で10%から80%までの充電が可能だ。

 車体は空気抵抗の少ない流線形のシルエットで、リアスポイラー、バンパー部分のアクティブ・エアフラップ、ホイール・エアカーテンなどにさまざまな空力(空気力学)性能技術を適用した。空気抵抗係数は0.21と、同社製品で最も小さい。

 全長4855ミリ、全高1495ミリ。1880ミリの広い全幅と2950ミリの長いホイールベース(前輪の中心から後輪の中心までの長さ)により、車内空間を最大限広げたのが特徴だ。

 現代は今月28日から韓国国内でアイオニック6の事前契約を受け付け、9月から販売を開始する計画にしている。価格は5500万ウォン(約580万円)台から6500万ウォン台とする方針だ。欧州の一部地域は今年の年末、北米地域は来年前半の発売を予定している。

 現代の張在勲(チャン・ジェフン)社長は13日に開いた記者会見で、「アイオニックは自社の革新と持続可能性に対する献身の証し。アイオニック6にとどまらず、2030年までに電動化モデルを11に増やし、世界EV市場でのリーダーシップを確立する」と表明した。

「アイオニック6」の車内(現代自動車提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。