Go to Contents Go to Navigation

韓国と米国の国防当局 北朝鮮大量破壊兵器対応の委員会開催

記事一覧 2022.07.14 14:29

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部と米国防総省は13日、ソウルで局長級による大量破壊兵器(WMD)対応委員会を開催した。

17年9月、「核武器兵器化事業」を現地指導する北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)。背後には「火星14型核弾頭」と書かれている=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

17年9月、「核武器兵器化事業」を現地指導する北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)。背後には「火星14型核弾頭」と書かれている=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国国防部によると、双方は北朝鮮の大量破壊兵器の脅威を効果的に抑止し、必要な場合は対応できるよう協力を強化していくことを確認した。

 同部と米国防総省は北朝鮮の核と大量破壊兵器に対応するため、1997年に局長級の協議体を設置。2016年からは協力分野を拡大し、大量破壊兵器対応委員会として開催している。20年と21年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開かれなかった。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。