Go to Contents Go to Navigation

ウクライナ大統領夫人「共通の歴史持つ韓国が支援を」 聯合ニュースと初インタビュー

記事一覧 2022.07.15 11:43

【ソウル聯合ニュース】「今回の戦争に中立はありません。戦争はウクライナだけでなく、世界の民主主義の価値を脅かしています。韓国人がウクライナ戦争を自分と無関係だと考え、惨状から目を背けないことを願います」――。ウクライナのゼレンスキー大統領のオレナ夫人(44)は14日、聯合ニュースとの書面インタビューで、ロシアによる侵攻が5カ月近く続くウクライナに対する韓国の軍事・人道支援を要請した。韓国メディアとのインタビューは今回が初めてとなる。

オレナ夫人(ウクライナ大統領府提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

オレナ夫人(ウクライナ大統領府提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 オレナ氏は、ウクライナと韓国が自由と民主主義のために戦ったという歴史上の共通点があると強調。「韓国はわれわれと同様に、核兵器で世界を絶え間なく脅かす隣国のそばに暮らしている」としながら、「西側諸国は1950年代に韓国が自由のための戦争に勝利するよう集まり、今はウクライナを中心に団結している」と説明した。

 オレナ氏は戦争初期からSNS(交流サイト)などでロシアの攻撃の不当性を批判し、悲しみと喪失感に陥ったウクライナ国民への関心を呼びかけるメッセージを発信してきた。

 今回のインタビューでも「もう大抵の戦争のニュースにも人々は動じなくなった」として、「どうか戦争に慣れてしまわないでほしい」と訴えた。

 オレナ氏は、戦争によって「ファーストレディー」の役割が完全に変わったとする。

 その一例として、戦争前は学校給食のメニューについて考えていたが、今は子どもたちが飢え死にしない方法を考えるのが自分の仕事になったとして、「21世紀の欧州の中心にある国のファーストレディーがこのようなことをしなければならないと(誰が)予想しただろうか」と反問した。

 個人的な恐怖心も率直に吐露した。自身は夫に続きロシアが命を狙う2番目のターゲットであるためだ。

 オレナ氏は「もちろん恐ろしい」とする一方、「夫と離れて子どもたちを守らなければならない数百万人のウクライナの母親が私を見つめているため、落ち着いてパニックに屈しないようにしている」と明かした。

 現在の関心事は、自身の安全よりも戦争で傷ついた子どもたちだ。 

 ロシアが侵攻を開始した2月24日、ウクライナの子どもたちは強制的に「大人」にされてしまったという。

 家族が乗った車が銃撃され、負傷した大人の代わりにハンドルを握って避難した少女や脚を失った母の面倒を見る少年など、一人ひとりに心を寄せる。「われわれの子どもたちを『失われた世代』にさせたくないのです。子どもたちが戦争という衝撃的な経験を生きる意欲に変えるよう、手助けしなければなりません」。

保護施設にいる子どもと話すオレナ氏(ウクライナ大統領府提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

保護施設にいる子どもと話すオレナ氏(ウクライナ大統領府提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 オレナ氏自身も、ロシアの侵攻によって飢え死にした母親の墓のそばで泣いている子どもを「大丈夫」と慰める自信はないという。それが「子どもたちを言葉で安心させる代わりに、行動で示すことにした理由」だと説明した。

 戦争で疲弊したウクライナの再建のため、オレナ氏は23日に「ファーストレディー・ジェントルマンサミット」を開催する。昨年ウクライナの首都、キーウで初開催されたこのイベントは、今年はオンラインで開かれる。

 オレナ氏は「今年のサミットでは戦争における心身の回復、難民、教育、子ども、女性問題などを幅広く話し合う」とし、ウクライナ戦争の情報発信に関しても議論する計画だと説明した。

 また、「無関心は戦争に反対する行動を止めかねないという点で間接的な殺人だ」とし、「メディアはウクライナ戦争を継続して報じなければならない。ウクライナに対する関心が実質的な支援へとつながる」と強調した。

 オレナ氏は続けて、「戦争が終わった後、ウクライナ国民が家に戻るのはわれわれにとって非常に重要なことだ」とし、「ウクライナで共に勝利を祝い、国を再建し、未来を作っていく」と力を込めた。

救援物資を点検するオレナ氏(ウクライナ大統領府提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

救援物資を点検するオレナ氏(ウクライナ大統領府提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。