Go to Contents Go to Navigation

韓国への海外直接投資110.9億ドル 前年比15%減=22年上半期

記事一覧 2022.07.15 14:21

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は15日、今年上半期の韓国に対する海外直接投資(FDI、届け出ベース)は110億9000万ドル(約1兆5400億円)で、前年同期比15.6%減少したと発表した。実行ベースでは21.1%減の69億7000万ドルを記録した。

今年上半期の海外直接投資の動向を説明する鄭鍾栄(チョン・ジョンヨン)産業通商資源部投資政策官=15日、世宗(聯合ニュース)

今年上半期の海外直接投資の動向を説明する鄭鍾栄(チョン・ジョンヨン)産業通商資源部投資政策官=15日、世宗(聯合ニュース)

 件数は届け出ベースで1640件と前年同期比10.1%増加し、実行ベースでは1183件と同12.1%増加した。

 産業通商資源部は、ロシアによるウクライナ侵攻の長期化や世界的なインフレ、政策金利の引き上げなどで不確実性が高まり、過去最高を記録した昨年上半期に比べてFDIが減少したと説明した。

 ただ、新型コロナウイルスの感染拡大以前の2019年上半期に比べると12.3%増加し、過去3番目に高い届け出額となった。実行金額は4位だった。

 産業通商資源部は、欧州連合(EU)による投資が73.2%、サービス業投資が26.3%減少したが、製造業(53.3%増)、グリーンフィールド型(韓国内に工場や事業場を建設する方式、9.1%増)が増え、投資の届け出・実行件数が増加した点は肯定的だと評価した。

 業種別では、製造業の届け出額が31億ドルで前年同期比53.3%増加した。FDI全体に占める割合は15.4%だった。

 サービス業の届け出額は76億4000万ドルで、前年同期比26.3%減少したと集計された。FDI全体に占める割合は78.9%だった。

 農・畜・水産・鉱業など第1次産業と電気・ガス・水道建設などを含むその他業種の届け出額は3億4500万ドルで、53.7%減少した。

 国・地域別では米国の届け出額が29億5000万ドルで前年同期比39.5%増加し、日本の届け出額(8億9000万ドル)も62.1%増えた。

 EUの届け出額(17億4000万ドル)は製造業とサービス業の投資がいずれも減って73.2%減少し、中華圏の届け出額(24億5000万ドル)も13.1%減少した。

 投資の類型別ではグリーンフィールド型が前年同期比9.1%増の82億6000万ドル、M&A(合併・買収)型が49.2%減の28億3000万ドルだった。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。