Go to Contents Go to Navigation

[韓流]「K―POP全盛」続く 上半期アルバム販売枚数が過去最高

記事一覧 2022.07.17 08:00

【ソウル聯合ニュース】今年上半期のK―POPアルバム販売枚数が過去最高を更新し、「全盛時代」が続いていることが17日、分かった。新型コロナウイルスの世界的流行(パンデミック)で開催できなかったコンサートが再開されてもアルバムの売り上げは影響を受けておらず、下半期もK―POP市場の好況は続くとの見通しが出ている。

BTS(公式ツイッターから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

◇アルバム販売枚数急増 BTSとSEVENTEENが主導

 韓国音楽コンテンツ協会運営の音楽チャート「サークルチャート」(旧ガオンチャート)によると、今年上半期のフィジカル盤販売枚数はトップ400(1~400位の合算)で3494万7247枚と、3500万枚に迫った。前年同期比34.6%増で、上半期としては過去最高だ。

 年別の上半期アルバム販売枚数は、2018年の1048万枚から19年に1293万枚に増加し、20年には1836万枚、昨年は2956万枚と、新型コロナの感染拡大以降急激に増加している。

 今年上半期のアーティスト別アルバム販売枚数は人気グループ、BTS(防弾少年団)が452万3749枚で1位だった。

 続いてNCT DREAMが398万2969枚、SEVENTEEN(セブンティーン)が272万858枚、TOMOROW X TOGETHER(TXT、トゥモロー・バイ・トゥギャザー)が210万4740枚、Stray Kids(ストレイキッズ)が207万2689枚、イム・ヨンウンが114万2727枚だった。

 単一アルバムの販売枚数では、BTSのアンソロジーアルバム「Proof」が295万7410枚と300万枚に迫る売り上げを記録して1位となった。2位はSEVENTEENの4枚目フルアルバム「Face the Sun」で237万3052枚だった。

 サークルチャートの関係者は、上半期にミリオンセラーを記録したアーティストは計8組だとして、前年同期の5組に比べて増加したと分析した。

SEVENTEEN(プレディスエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

◇海外ファンがアルバム売り上げをけん引

 K―POPアルバムの販売好況の理由を探ると、海外ファンの存在感の大きさが浮き彫りになった。

 サークルチャートは今月からチャートを改編し、「リテール(小売り)アルバムチャート」で国内と海外の販売枚数をそれぞれ発表しているが、ここから海外ファンの割合を推測することができる。

 SEVENTEENの「Face the Sun」はリリース日の5月27日に140万枚を売り上げたが、この日の販売枚数のうち73.1%に当たる103万1980枚が海外での売り上げと集計された。 

 NCT DREAMのセカンドフルアルバム「Glitch Mode」も、リリース日の3月28日の販売枚数のうち95.4%に当たる74万522枚が海外での売り上げだった。

 米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」では、今年上半期にBTSとStray Kidsの1位をはじめTXT(4位)、TWICE(トゥワイス)のナヨン(7位)などが好成績を残した。

 もう一つの人気のバロメーターとされる動画投稿サイト「ユーチューブ」でのミュージックビデオ(MV)の再生回数は、海外ファンへの依存度がさらに高い。

 なかでもタイをはじめとする東南アジアのファンは、ユーチューブやSNS(交流サイト)での活動が米国、日本、中国市場のファンに劣らず活発だとされる。

◇海外ではK―POPが「メジャー」に 下半期も見通し明るく

 専門家は、このような前例のない好況は世界の音楽市場でK―POPが一つのメジャージャンルとして定着したためだと分析する。

 新型コロナのパンデミックによりコンサートが開催できなかったことでK―POPのアルバム産業が恩恵を被ったとの見方もあるが、今年上半期も好況を維持していると評価される。

 韓国音楽コンテンツ協会のチェ・グァンホ事務総長は「K―POPに対する海外の需要が増加したことが最大の原因だ」とし、「BTSがK―POP市場を10倍程度に育てたとすれば、その効果で他のグループもより多く消費されている。新型コロナのパンデミックでK―POP市場にスポットが当たり、特定のアーティストに限らず全般的に成長した」と分析した。

 大手芸能事務所の関係者は、今では海外の方から先にプロジェクトの依頼が入ることが多いとしながら、コンサートへの出演依頼も殺到しており、ほとんど応じられないほどだと説明した。

 この関係者は「このような好況は、今年下半期はもちろん、当分の間続くのではないか」との見通しを示した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。