Go to Contents Go to Navigation

世界陸上 走り高跳びで韓国の禹相赫が銀メダル

記事一覧 2022.07.19 16:08

【ソウル聯合ニュース】陸上の世界選手権は19日(日本時間)、米オレゴン州ユージンで行われ、男子走り高跳び決勝で韓国の禹相赫(ウ・サンヒョク、26)が2メートル35を跳び、銀メダルに輝いた。

禹相赫=(聯合ニュース)

禹相赫=(聯合ニュース)

 世界陸上の屋外競技で韓国選手がメダルを獲得したのは、2011年大邱大会の20キロ競歩で銅メダルを獲得した金賢燮(キム・ヒョンソプ)以来2人目。

 この日決勝に出場した13人のうち最初に試技に臨んだ禹は、2メートル19、2メートル24、2メートル27、2メートル30を全て1回でクリア。2メートル33は2回失敗したが、3回目は完璧な姿勢でバーを越えた。2メートル35も2回目の試技で成功した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。