Go to Contents Go to Navigation

BTSが広報大使に 30年万博の釜山誘致活動スタート 

記事一覧 2022.07.19 21:21

【ソウル聯合ニュース】世界中で人気を集める韓国音楽グループのBTS(防弾少年団)が19日、2030年の国際博覧会(万博)を韓国南部・釜山に誘致するための広報大使に就任し、活動を開始した。

広報大使の委嘱式で記念撮影するBTS(後列)と関係者=19日、ソウル(聯合ニュース)

 釜山市は官民合同誘致委員会とともに、BTS所属先の総合エンターテインメント企業、HYBE(ハイブ)社内で広報大使の委嘱式を開催した。BTSのメンバー7人全員をはじめ、誘致委員会の共同委員長を務める韓悳洙(ハン・ドクス)首相と大韓商工会議所の崔泰源(チェ・テウォン)会頭(SKグループ会長)、朴亨埈(パク・ヒョンジュン)釜山市長、ハイブの朴智援(パク・ジウォン)代表らが出席した。

 BTSメンバーのRM(アールエム)さんは、「2030年の万博が必ず釜山万博になるよう、微力ながら力を添える」とし、「10月に世界に向けて釜山で開かれるコンサートを皮切りに、多様な活動で万博誘致に向け努力する」と述べた。 

 また「万博誘致だけでなく美しい韓国の自然と文化を世界に知らせることができるよう、多様な分野で力を注ぐ」とも話した。 

 韓首相は「万博の誘致活動において最も重要なのは国民、さらには世界の人の関心と応援」とし、「BTSの皆さんがその中心になる役割を担ってくれるものと期待する」と述べた。またBTSのヒット曲「FIRE」や「Dynamite」を引用し、BTSとともに誘致活動から開催まで(火のように熱く)「燃えて」いこうと呼び掛け、「ダイナマイト」のような(爆発力のある)誘致活動をお願いすると要請した。

 崔氏は博覧会国際事務局(BIE)の加盟国は170カ国・地域だが、BTSが昨年末に開催したオンラインコンサートは世界197カ国・地域のファンが視聴したとし、すでに勝負がついたも同然などと話して笑いを誘った。

 ハイブの朴代表は「アーティストの広報大使としての活動を支援し、万博誘致を機に釜山市をはじめ地方における大衆文化の発展に積極的に協力する」と話した。 

 釜山市とハイブは先月24日に万博の釜山誘致に向けた業務協定を締結した後、誘致委員会とともにPR戦略を練ってきた。PRの一環として、BTSは10月に釜山で誘致を願う大規模コンサートを開催する。その模様を世界にライブ中継することで釜山の誘致活動へ関心を集めたい考えだ。

 30年万博の開催地は、来年11月ごろに実施されるBIE加盟国の投票で決まる。BTSは、BIE総会での残りのプレゼンテーションやBIE関係者による釜山視察、BIE加盟国へのアピールなどにも積極的に関わる計画だ。この日の委嘱式も万博誘致の公式ユーチューブチャンネルでライブ配信された。

 広報大使は俳優のイ・ジョンジェさんとバーチャルヒューマンのROZYに続きBTSが3組目。朴市長は「BTSは、新たな時代の人類普遍の価値を提案し未来を展望するという万博の趣旨に最もふさわしいグローバルリーダー」と期待を込めた。

委嘱式の様子=19日、ソウル(聯合ニュース)
ポーズを取る崔泰源氏(右)とJ-HOPE(ジェイホープ)=19日、ソウル(聯合ニュース)

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。