Go to Contents Go to Navigation

「慰安婦合意の意味とは何か」 支援団体が政府に公開質問=韓国

記事一覧 2022.07.20 15:02

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国の市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」が20日、慰安婦問題を巡る2015年の韓日合意を尊重する姿勢を表明している外交部に真意を問う公開質問書を送った。

ドイツの首都ベルリン市のミッテ区に設置された慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」前で、現地の韓国系市民団体「コリア協議会」や正義連の関係者が今月6日(現地時間)に開いた集会の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 正義連は「15年の韓日合意は尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の外交部にとってどんな意味を持つのか。日本政府が『合意事項の順守』を露骨に迫っている中、韓国政府が掲げる『合意の精神』とは具体的に何なのか教えてほしい」と尋ね、26日までの回答を求めた。

 また「国際社会で日本軍の性奴隷制問題を二度と提起しないということなのか、この問題を記憶し、記念しようとする国内外の市民社会を弾圧するという意味なのか、答えてほしい」と迫った。さらに「この問題は国同士の政治的な合意で封じ込められるもの、いくらかの償い金で歴史の中に永遠に消えるものと考えているのか」とも問いただした。

 外交部はこのところ、韓日合意を順守する姿勢をたびたび示している。

 朴振(パク・ジン)同部長官は今月18日、韓日外相会談のため訪日した際、15年の合意について記者団に「両国政府間の公式合意であり、尊重されなければならない」と言明。「被害者の尊厳と名誉を回復し、心の傷を癒やすという合意の精神に立脚し、最も望ましい解決策を見いだしたい」と語った。

 同部の別の高官も「韓日合意は公式合意であり、合意を尊重するという旨を日本側に伝えた」と明らかにした。

 正義連はこれに対し、「合意は国際社会での非難、誹謗(ひぼう)の自粛、最終的かつ不可逆的な問題解決を韓国政府が約束した屈辱的なもの」だとし、「にもかかわらず、尹錫悦政権がこれを尊重し、合意の精神を順守すると明言する理由は何か」と批判した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。