Go to Contents Go to Navigation

供給網巡る閣僚級会議 17カ国・地域が共同宣言=調達先多角化など

記事一覧 2022.07.20 23:00

【ソウル聯合ニュース】韓国や米国、日本、欧州連合(EU)など18カ国・地域は20日午後(日本時間)、サプライチェーン(供給網)の強化などを話し合うオンラインの閣僚級会議を開催した。供給網を強化するため、調達先を多角化するとともに透明性、安全性、持続可能性などを確保するために協力するとの原則で一致し、「グローバル供給網協力共同宣言文」を採択した。韓国外交部が伝えた。

供給網巡る閣僚級会議が開かれ17カ国・地域が共同宣言文を採択した=(聯合ニュース)

供給網巡る閣僚級会議が開かれ17カ国・地域が共同宣言文を採択した=(聯合ニュース)

 会議はブリンケン米国務長官とレモンド米商務長官が共催した。

 韓国からは朴振(パク・ジン)外交部長官と産業通商資源部の安徳根(アン・ドクグン)通商交渉本部長が参加した。

 共同宣言文の採択にはインドネシアを除いた17カ国・地域が参加。短期的な交通、物流、供給網の混乱、ボトルネックおよび長期的な回復力の問題による供給網の脆弱性が消費者、企業、労働者、家庭に影響を及ぼしているとし協力の原則が提示された。

 民間・市民社会・政府など利害関係者との協議を通じて供給網の透明性を促進するとし、潜在的な供給網の問題に対して情報共有を強化し、早期警戒システムの運用を模索することにした。

 また優先順位が高い分野の原材料・中間材・完成品に対し「信頼できて持続可能な」調達先を多角化することにした。これと関連して規範に基づいた経済・供給網のパートナーシップを造成・強化するという内容も盛り込まれた。

 さらに重要なインフラに関連した供給の依存と、潜在的脆弱性から生じるリスクを識別して対応していくための協議を深化させ、供給網全般で持続可能性に関連した目標の設定も推奨するとした。 

 供給網を強化する上で人権を尊重し、強制労働などを排除するために協力することも盛り込まれた。

 朴氏と安氏はこの日の会議で、供給網を巡る国際協力のために韓国が行っている多様な努力について説明した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。