Go to Contents Go to Navigation

ソウル市 市内全区にコロナ臨時検査所設置へ

記事一覧 2022.07.21 16:24

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市は21日、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、対応計画を実行すると発表した。

ソウル・江南区保健所の新型コロナ検査所=21日、ソウル(聯合ニュース)

 計画によると、22日から市内全25区に新型コロナ臨時検査所1カ所を設置する。感染者数がさらに増えた場合は段階的に検査所を拡大する方針だ。

 また、保健所内の新型コロナ検査所の運営時間を延長し、臨時検査所での夕方や週末の検査を増やす。

 平日の運営時間は、保健所の検査所が午前9時~午後6時、臨時検査所が午後1~9時。週末は、土曜日に保健所の検査所が午前9時~午後6時、日曜日に臨時検査所が午後1~9時に運営される

 新規感染者7万人発生に備え、3週間以内に病床計259床を確保する。小児、妊産婦、透析患者のための特殊病床90床も確保した。

 感染者の治療のため、検査・診療・処方を一括して行う「ワンストップ診療機関」も現在の1334カ所からさらに増やす方針だ。8月までに2350カ所に拡大する目標を立てた。

 同市では20日に感染者が新たに1万6670人確認された。ここ2週間で感染者が急増する中、子どもや10代の感染が増えている。

 1日あたりの重症者数は、今月初めは15人前後だったが、ここ1週間は平均23.3人に増加した。直近の2日間は高齢の重症者が占める割合が大きく上昇したという。

 同市のパク・ユミ防疫統制官は「感染再拡大に備え対応計画を立てた。感染拡大防止よりは重症化や死亡率を減らすことが目標」と説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。