Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領室 50日間の業務推進費約4千万円=前政権とほぼ同じ

記事一覧 2022.07.24 14:00

【ソウル聯合ニュース】韓国新政権の大統領秘書室と国家安保室が発足からの約50日間に計3億7659万ウォン(約4000万円)の業務推進費を使用したことが24日までに分かった。

ソウル・竜山の大統領室に入る尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領(中央)=聯合ニュース)

ソウル・竜山の大統領室に入る尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領(中央)=聯合ニュース)

 同額は尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権が発足した5月10日から6月30日まで使用したもので、前政権の同期間に比べ、約2000万ウォン少ない。

 大統領室の公式サイトに公開された内訳をみると、政策調整および懸案関連の懇談会費用として総額の55.3%の2億827万ウォンを支出した。

 そのほか、国内外の要人の招待費用として8304万ウォン(同22.1%)、国家記念日イベントの支援および記念品費用として4911万ウォン(13.0%)、その他の経費として3617万ウォン(9.6%)を使った。

 大統領秘書室と国家安保室の業務推進関連の年間予算は61億5084万ウォンとなっている。 

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。