Go to Contents Go to Navigation

韓国元首相の黄教安氏 弁護士として再出発

記事一覧 2022.07.25 15:05

【ソウル聯合ニュース】韓国の黄教安(ファン・ギョアン)元首相(65)が25日、法律事務所のロゴスで常任顧問弁護士として働くことになったと、携帯電話のショートメッセージで周囲に報告した。

黄教安元首相(資料写真)=(聯合ニュース)

黄教安元首相(資料写真)=(聯合ニュース)

 黄氏は成均館大法学科卒。大検察庁(最高検)公安3課長やソウル中央地検2次長などを経て昌原地検長(検事正)、大邱高検長(検事長)、釜山高検長を歴任した。

 朴槿恵(パク・クネ)政権下の2013~15年に法務部長官、15~17年に首相を務めた。16年12月に国政介入事件などにより朴氏の弾劾案が国会で可決されると、文在寅(ムン・ジェイン)前政権が発足した17年5月まで大統領権限代行を兼務した。

 政界入り後の19~20年に現保守系与党「国民の力」前身の「自由韓国党」と「未来統合党」の党代表を務めた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。