Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(7月25日)

◇元フィギュア女王キム・ヨナさん 10月に結婚

 2010年バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子金メダリスト、キム・ヨナさん(31)が10月下旬に声楽家のコ・ウリムさん(27)と結婚式を挙げる。お相手のコさんはソウル大声楽科を卒業し、クロスオーバー・グループのFORESTELLA(フォレステラ)のメンバーとして活動している。マネジメント会社のオールザットスポーツは、2人は2018年のアイスショーにFORESTELLAがゲスト出演した縁で出会い、3年間の交際を経て結婚することになったと説明した。

キムさん(左)とコさん(資料写真)=(聯合ニュース)

◇国防部 日本との高官級協議再開推進

 国防部関係者は25日、2018年以降事実上中断している日本との局長級による政策実務会議を再開させる方針を明らかにした。「障害があればそれも改めて検討する協議を本格的に推進する」という。韓国政府は尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権発足後、日本との外交関係改善に意欲を示しており、国防当局の関係正常化にも乗り出す考えとみられる。国防部は22日、尹大統領に対し、国防部と各軍が日本との高官交流や定例会合を再開させる方針を報告していた。同部関係者は「正常化の時期は日本側のスタンスにかかっている」と述べた。

◇金浦―羽田線 8月からさらに増便か 

 韓日間で人気の航空路線、金浦(ソウル)―羽田(東京)線の運航便数が25日から大幅に増える。羽田空港国際線ターミナルを管理する東京国際空港ターミナルの関係者によると、計8往復運だった同路線は同日から今月末まで週23往復に増便される予定だ。金浦空港を運営する韓国空港公社は、各航空会社がこの日から計週30往復運航する計画を提出しており、実際の運航状況は航空会社の事情によって変わる可能性があると説明した。8月1日からは金浦―羽田便がさらに増便される見通しだ。

◇「警察局」新設への反発激化 政府は反対の声上げた署長ら処分

 韓国で行政安全部内への「警察局」新設に対する警察の反発が激化している。政府は検察から捜査権が移管されることになった警察の権限の肥大化をけん制する狙いで、警察を指揮する組織ではないと説明しているが、警察や野党などは警察を事実上支配するための組織だと批判している。今月23日には全国の警察署長による会議が開かれ、約190人が参加し、警察局新設の法令制定の手続きを見送るよう求める意見を出した。警察庁は会議を主導した警察署長を処分し、会議参加者のうち56人の監察を実施すると明らかにした。李祥敏(イ・サンミン)行政安全部長官は「クーデターに準じる状況で、極めて不適切だ」と批判した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。