Go to Contents Go to Navigation

ミャンマー民主派死刑執行を非難 韓国が米英日などと共同声明

記事一覧 2022.07.26 13:49

【ソウル聯合ニュース】軍が実権を握るミャンマーで民主活動家らの死刑が執行されたことに対し、韓国政府は26日、米国と英国、日本、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、ノルウェー、欧州連合(EU)と共に非難の声を上げた。韓国外交部は朴振(パク・ジン)同部長官がこれらの国・地域の外相との共同声明発表を通じて「死刑という極端な方法で反軍政勢力をより強力に弾圧しようとするミャンマー軍政に対する国際社会の強い反対と深刻な懸念を伝えた」と明らかにした。

韓国で昨年開催された、ミャンマー民主化運動を支持する写真展での一枚。現地で民主化を訴える市民(写真展主催側提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 外交部によると、共同声明は今回の死刑執行を軍政による人権と法の支配の軽視を示す、非難されるべき暴力行為と見なした上で、不当に拘束されている人々の解放や収監施設への完全かつ独立したアクセスの許可などを求めた。

 ミャンマー国営メディアは25日、アウンサンスーチー氏の側近だった国民民主連盟(NLD)の元議員や民主活動家ら4人の死刑が執行されたと報じた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。