Go to Contents Go to Navigation

韓国・釜山が「サメのかぞく」故郷に 知名度生かし万博誘致PR

記事一覧 2022.07.27 13:54

【釜山聯合ニュース】韓国南部の釜山市が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で史上初の再生回数100億回超えを達成し、世界的な知名度を誇る「サメのかぞく」の故郷になる。

「サメのかぞく」のダンスバージョンは今年1月にユーチューブで再生100億回を達成した(ピンクフォンカンパニー提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

「サメのかぞく」のダンスバージョンは今年1月にユーチューブで再生100億回を達成した(ピンクフォンカンパニー提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 釜山市は27日、「サメのかぞく」を生んだ韓国コンテンツ企業のピンクフォンカンパニー(ピンキッツ)と同日午後に業務協定を結び、本格的な協力を進めると発表した。「サメのかぞく」の故郷を釜山と定め、これを活用した多彩なストーリーテリングで国際観光都市としての釜山をPRしていく。2030年の国際博覧会(万博)の釜山誘致事業にも共同で取り組む計画だ。

 ピンクフォンカンパニーが制作したキッズソング「サメのかぞく(Baby Shark)」のダンスバージョンは、今年1月にユーチューブで再生回数100億回を突破し、現在は110億回を超え世界1位となっている。

 ピンクフォンカンパニーの共同設立者のイ・スンギュ副社長は「釜山でサメのかぞくが誕生し、世界への旅を始めたというテーマで、コンテンツ・ストーリーテリングの面で釜山市の観光活性化と国際観光都市としてのブランド構築を後押しし、韓国のプレゼンスを高めたい」と意欲を示した。

 朴亨埈(パク・ヒョンジュン)釜山市長は「韓国で最も成功したグローバルIP(知的財産)である『サメのかぞく』を生み出したピンクフォンカンパニーが国際観光都市の釜山を故郷に選んでくれたことに感謝する。釜山市の全域でサメのかぞくの痕跡を感じられるよう、支援を惜しまない」と話している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。