Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏が友誼塔に献花 中国との親善を強調

北朝鮮 2022.07.29 10:06

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が朝鮮戦争休戦協定締結69周年に合わせて28日に友誼(ゆうぎ)塔を訪れて献花し、帝国主義の侵略を撃退するために高貴な血を流した中国人民志願軍の烈士に崇高な敬意を表したと報じた。

北朝鮮の朝鮮中央通信は、金正恩氏が28日に友誼塔を訪れ献花したと報じた=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 平壌の牡丹峰のふもとにある友誼塔は、朝鮮戦争に参戦した中国人民志願軍をたたえるため1959年に建立された。

 金氏が最高指導者に就任して以降、友誼塔を参拝したのは2019年6月に中国の習近平国家主席が訪朝した際と昨年に続き今回が3回目。

 金氏は、北朝鮮が「戦勝節」とする朝鮮戦争休戦協定締結日の27日に行った演説でも「わが軍隊、人民と生死を共にし、高貴な血を惜しみなく流した中国人民志願軍の烈士に崇高な敬意を表する」と述べ、中朝の親善関係を積極的にアピールした。

hjc@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。