Go to Contents Go to Navigation

昨年の世界免税店売上高 ロッテ2位・新羅3位を維持

記事一覧 2022.07.29 15:50

【ソウル聯合ニュース】昨年の世界免税店市場で韓国のロッテ免税店と新羅免税店がそれぞれ売上高2位と3位を維持した。

ロッテ免税店(資料写真)=(聯合ニュース)

ロッテ免税店(資料写真)=(聯合ニュース)

 英国の免税ビジネス専門誌、ムーディー・デビッド・レポートによると、昨年の世界免税店市場の売上高トップは中国免税品集団(CDFG)で、93億6900万ユーロ(約1兆2730億円)を記録した。

 2020年7月に中国人の利用が可能な中国・海南省の免税店での購入限度額が10万元(約200万円)に大きく引き上げられ、CDFGは同年に初めて売上高世界1位になってから2年連続でトップを守った。

 2位のロッテ免税店の売上高は40億4600万ユーロ、3位の新羅免税店は39億6600万ユーロだった。新羅免税店の売上高にはHDCグループとの合弁会社、HDC新羅免税店の売上高も含まれている。

 CDFGは新型コロナウイルス感染拡大による世界の免税店市場の低迷にもかかわらず、売上高が前年比28.7%増加し、2位との差を大きく広げた。

 4位はスイスのデュフリー(31億ユーロ)。同社は14年から1位を維持していたが20年に4位に転落した。5位は香港のDFSグループ(30億ユーロ)だった。

 また、韓国の現代百貨店免税店(11億2000万ユーロ)が10位に入った。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。